9月3日(土)15時より、大本山増上寺・慈雲閣にて写経会を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染症再拡大の影響を鑑み、本年は会場開催並びに自宅写経の方法にて行いました。会場参加者16名、自宅写経者33名のご参加をいただき、青年会からは25名が出仕いたしました。

当日は玉川組浄桂院ご住職伊藤弘道上人ご導師のもと写経法要を厳修し、書写する「一枚起請文」の内容を交えてのご法話を賜りました。

ご浄書いただきました写経紙をご本尊前に奉納し、参加者各家のご先祖様のご回向、また各種ご祈願、さらには感染症でお亡くなりになられた物故者のご回向を奉読いただきました。

コロナ禍中ですので大きな声は出せませんが会場参加者の皆様と共に手を合わせ、お念仏をお称え出来たことでより良い仏縁を結ばせていただきました。

ご参加いただきました皆様より賜りましたご支援ご協力に厚く御礼申し上げます。

合掌